小口径鋼管杭工事

 

小ロ径101.6mm~267.4mmの一般構造用炭素鋼管を専用施工機で回転させながら支持地盤まで圧入する工法です。
この工法は、比較的低振動で騒音も少なめで、地盤条件の制約が少なく、土質の制約を受けない、施工機械も比較的小型の物での施工が可能といった特長があり、一般住宅の補強工事にも適合性の高い工法といえます。