柱状地盤改良工事

 

安定した地盤までセメントミルクを噴射注入します。土と攪拌をし柱状に固め、その上に住宅の基礎を作るという工法です。土の中にコラムと呼ばれるセメント系固化材(地盤改良用セメント)と土を攪拌した柱状体の杭をを造ります。地盤の状況・強度、質、基礎形状等により設計され、柱状体の径、本数、長さ、配置が決定します。